歯列矯正は早めに開始する

歯列矯正と年齢とは

歯列矯正に年齢制限はある

歯列矯正は子供のうちに行うもの、と思っている人は意外と多いのではないでしょうか。実は、大人になっても可能です。20代、30代の若い人はもちろん、50歳以降でも歯列矯正を受けている人は少なくありません。差し歯があってもできますし、虫歯や歯周病がある場合は治療してしまえば可能となります。仕事の関係上、目立つ器具はつけられない、という人でも、最近では目立たない器具も出ているので安心です。成長期を過ぎても大丈夫なのかと不安に思う人もいるかもしれませんが、顎の成長がない分、歯の移動計画が立てやすいともいえます。

大人でも受けられる矯正歯科治療

今までは矯正歯科は子供が治療を受ける場所、というイメージがありました。しかし、近年では大人になってから治療を希望する人も増えています。自分の口元に自信を持ちたいということや、噛み合わせの悪さからくる全身の症状を気にして、などの理由が多いようです。歯並びが悪いと歯を見せて笑うのも憚られ、全体的に顔が暗くなります。噛み合わせの悪さが及ぼす体への症状は、肩こりや慢性疲労など軽度のものもあれば、ヘルニアなどの重度のものもあります。矯正歯科治療を受けることで、こういった悩みを解消することが出来ます。

↑PAGE TOP